「ぼのぼの」を書いている「いがらしみきお」の漫画です。かむろば村で、元銀行員の男がお金なしで生きてゆく物語です。一見、地味~な感じですが、「ジヌよさらば~かむろば村へ~」というタイトルで映画化されています。

それだけ面白い原作(漫画)ということなんです。元銀行員の男が、過去の失敗からお金アレルギーになってしまい、田舎でお金なしで生きてゆく物語ですが、面白さはそこではありません。

Amazonでかむろば村をチェック


このかむろば村に住んでいる変人・奇人・田舎の人間関係が面白いのです。ぼのぼのします。


Amazonより引用します。主人公・高見は基本的にどうしようもない男なんです。でもどうしようもないなりに生きる姿を見ているうちに、応援したくなります。そして段々と村になじんでゆきます。
主人公・高見は金アレルギーである。そして酒乱である。さらに「ほでなす」(考えなし)である。金を使えないこの男が、生きるために移住してきたのは「かむろば村」。生きるのがなかなか難しいこの男も、村の温かい一面に触れて徐々にそこでの生活になじんでいくのだが、この村には温かくて明るい面と同時に真っ黒で凶暴な顔もあった。病的な嘘つき女子高生に翻弄される高見の明日はどっちだ?

この村には、神の力を持つ一族が住んでいます。このあたりの秘密が、物語をピリッと面白くしています。1~4巻しかありません。ちょっと都会を離れ田舎の話を見たい人にお勧めです。

Amazonでかむろば村をチェック

コメントを投稿

 
Top