数々の賞を受賞しAmazonランキングの上位をゲットしている人気漫画です。面白い!がしかし、そこまで面白いかな?と思います。普通に面白い程度です。まだ読んだことがない人は、どのくらい面白いか、ぜひお試しあれ!

「僕だけがいない街」は、主人公が過去の事件を食い止めて、未来を変えるために奔走するタイムスリップ漫画です。主人公は藤沼悟という漫画家志望のフリーターです。人生が泥沼化しているフリーターです。

そんなフリーターでも、ひとつは取り柄があるもので、不定期にタイムスリップします。リバイバル(再上映)と呼ぶ能力です。

僕だけがいない街をAmazonでチェック


リバイバル(再上映)で雛月加代を救えるのか?

小学生の頃、同級生で雛月加代という少女が殺害されました。近所に住むフリーターが犯人で逮捕されました。冤罪でした。18年の時をえて、真犯人に気が付いてしまった藤沼悟の母ちゃんは、殺されてしまうのです。なんということでしょう。そこでリバイバル。


18年前から謎解きが始まる。

18年前にタイプスリップした藤沼悟は江戸川コナン状態です。無気力なフリーターから一転、元気いっぱい少年時代に戻り、雛月加代や友達と交流が深め、かつてない充実した少年時代を追憶するところも見どころです。



登場する母親も魅力です。アルバイト先のヒロイン相当の人物もキーマンです。まあ面白いですよ。

僕だけがいない街をAmazonでチェック

コメントを投稿

 
Top