「よるくも」は全5巻しかありません。1巻を読んだ後、全巻を一気に購入してしまいました。やられましたぁ~。悔しい。悔しいのう。漫画にお金を払うなんて。。。あなたも1巻を読んだらお終いだと思います。気をつけてください。

よるくもをAmazonでチェック

さて「よるくも」は、月刊IKKIに連載されていた漫画です。ディエンビエンフーも月刊IKKIです。月刊IKKIってマニアックっぽい雑誌ですよね。マニア好みの漫画が多く「小学館のアフタヌーン」「小学館のガロ」とも呼ばれているそうです。※調べたら月刊IKKIは、既に休刊してました。残念。

そんな月刊IKKIには、イキマンという新人賞があります。「よるくも」はイキマン受賞作品でもあります。イキマン受賞作品一覧を見たところ、どれも全く知りません。漫画の深淵を見ているようです。

見ていたら下の方に発見。ちなみにWikiには掲載が無いが第50回ぐらいまである様子です。

舞台は支配層と最下層の人間模様

よるくもは、こんなお話です。Amazonから引用します。物語で楽しむべきネタバレ的な部分は、省略してますからご安心ください。
第1巻 内容紹介
舞台は「街」「畑」「森」の三層からなる「世界」。殺し屋の青年「よるくも」は最下層「森」生まれ育った。ある日、よるくもは「畑」の飯屋の働き者の娘キヨコと出会い、飯の面倒を見てもらうことになる…。

第1巻 出版社からのコメント
イッキ誌上新人賞イキマン受賞者の漆原ミチ氏が 今持つ力を全開にして描く連載デビュー作品です。 富者が貧者を、貧者が極貧者を踏みつけて生きる世界 =人間の本質が暴露される舞台の上で、 「食う」こと、「殺す」こと、「生きる」ことという人間の営みの 最大のテーマを描くことに挑戦しています。 絶望的なまでに無垢な殺し屋「よるくも」、 彼の横顔のイラストのカバーです。 是非、読んでみてください!!
主要な登場人物は、第一位は、ひとくせもふたくせもある中田(左)。

主人公は、無垢な暗殺者「よるくも(左)」、支配層にいるイカれた王子(兄と妹。右)。

底辺でも明るい娘キヨコ。

キヨコ地獄へダイブ

続く2巻では、娘キヨコは地獄へ真っ逆さま。もう色々止まれませんでした。覚悟して課金(Kindleで購入)しましたよ。
第2巻 内容紹介
娘キヨコ地獄へフリーフォール!! 何かが起きて、中田の怒りと悲しみが爆発するとき、目を覆うべき悲劇が起こる!! 愛が地獄へと転がり落ちてゆく第2集、いよいよ発売!

第2巻 【編集担当からのおすすめ情報】このショックを、なにしろ、味わってください!! そこから急展開を見せる悲劇のジェットコースター!! その恨みの根深さ、全ての人間が持つの罪の深さに、 私たちは語るべき言葉を持ちません。 フリーフォール感たっぷりの第2集、必ず読んでください!!
力強い物語でけっして暗くはない物語です。最後は少しダレている感じで、まあちょっとアレかもしれませんが、次巻を購入してしまいたくなる度はかなり高いです。

クセだらけの田中の目的とは、最下層の闇は、支配層の王子達は。感情を失った主人公「よるくも」は、200%ぐらい絶対絶命のキヨコは。。

よるくもをAmazonでチェック

コメントを投稿

 
Top